8 Eight+Market 八ヶ岳の名産を集めたお土産とカフェの店 Yatsugatake Original Souvenir & Cafe

top_mugikusa

できるだけ自然に近い農業をする

001
生産者:佐藤幸男さん

今から37年前に、お米が作れる場所を求め北杜市・高根町にやってきた佐藤さん。
オープンな雰囲気の親しみやすいお父さんです。
佐藤さんのもの作りへのこだわりは、
「化学肥料」「農薬」「除草剤」を使わないでお米や麦、大豆、野菜を育てること。

field_01

畑ではビニールマルチも使わないので、草取り、水分管理、温度管理など、
栽培にとても手間がかかります。
畑はすべて自宅近くの目の届く範囲にあり、
日頃から変化を観察し、北杜市の長い日照時間も手伝って、
健康な作物ができあがります。

sato

「作る作物は、なるべく保存できるもの。
乾めんや梅干、味噌などの加工品をつくるときも、添加物は使わず自然塩などで作ります。」

hut_03

養鶏も、自然な形にこだわります。
佐藤さんの自宅の庭には養鶏場があり、
オスとメスのニワトリが自由に動ける環境で一緒に飼育されています。
ここで採れる卵は「有精卵」です。
有精卵は、ニワトリを健康的に飼育できる平飼いでなければ採ることができません。

hut_box

餌は遺伝子組み換えではないとうもろこしを主に、
気候やニワトリの健康状態などに合わせて配合したものを与えています。
無精卵の卵に比べて手間がかかっても、生産性が良くなくても、
この方法を守って育てています。

003

(写真はカフェで大好評の卵かけごはん¥500。黒米も佐藤さんが作ったものです。)
多くの人が理想とする「自然に近づくこと」は、なかなか難しいものです。
それを40年かけて取り組んでいる佐藤さん。
そのまじめさと優しさは、商品ひとつひとつから感じることができます。

前の記事

他にも“こだわり”あります。 I use the fresh vegetables which I got in a hometown.

このページのトップへ